貸店舗の種類とメリット

貸店舗で商売する場合には様々な種類の貸店舗があります。まず、ビルやマンションのテナントです。これは貸店舗としては一般的なタイプになります。ただ、そのビルやマンションでも貸店舗として利用することができない商売もありますので注意が必要です。例えば、中華料理屋などは油を多く使うためテナントが汚れやすいなどの理由で貸してくれないところがあります。また、ラーメン屋のようににおいが出る飲食店も同じ建物からクレームが発生する可能性があることから制限しているところもあります。貸店舗の中でも最近は少なくなった住宅兼店舗もあります。このタイプはもともと家主が商売をやっていたけども商売をやめてしまったため店舗に空きが出たことから貸し出しをしていることが多いのです。ただ、最近は新築の段階で誰かに課すつもりで1階だけを店舗として設計をする建物もあります。貸店舗のメリットですが、みずから建物を建てて事務所ないしはお店にするよりも経費が掛からない点や立地も数多くの場所から選べる点です。もし、大型の建物で、その中に複数のテナントがあれば、複数の店舗が入ることで相乗効果が発揮され売り上げが上がるということも期待できます。

貸店舗の柏 3034 6/4

Copyright ©All rights reserved.貸店舗の種類とメリット.